スポンサーリンク
経営分析

成長するビジネスとは?(成長のしやすさとは?)

成長するビジネスとは?(成長のしやすさとは?) 売上が成長する会社とは、どういう会社なのだろう。 多くの企業の財務諸表を見ていて、少し成長のパターンが見えてきたような気がしているので、「経営学の観点」と「財務の観点」を交えて整理しな...
2020.11.08
データ分析

米国株 売上・利益率 推移 【496社/10年分】

米国株 売上・利益率 推移 10年分 米国企業(496社)の10年間の売上・利益を一覧で見れる画像を作ってみました。 銘柄選びで、いろんな条件をいれて、フィルタリングして銘柄探しをしたりするのですが、一時的な異常値があったりすると、...
株式投資・雑記

マネーストックと日本の株価

マネーストックと日本の株価 前回、米国株は給付金の動きとしてマネーストック(M1)の動きを見ていれば良かったのかも知れないという記事を書いた。 日本でも、追加の給付金が給付される・されないというニュースがある中で、日本の「マネースト...
スポンサーリンク
株式投資・雑記

決算が本格化する前に確認しておきたい事。

決算が本格化する前に確認しておきたい事。 10月の最終週に決算が本格化するが、その前に、今の状況を、今一度、確認しておきたい。 まずは、COVID-19の状況。 COVID-19の状況 出典:Financial Times ...
株式投資・雑記

インターネットと新型コロナの世界(第2波に備えて)Vol.2

インターネット系のサービスに追い風となったCOVID19。 店舗の再開で、部分的には需要がオンラインからオフラインへの戻りつつあるようにも見える。一方でコロナ拡大による第2波が来るかもしれないし、今後の先行き不透明である。しかし、不可...
株式投資・雑記

インターネットと新型コロナの世界(第2波に備えて)

新型コロナの影響で、大きく下落した株価だが、 迅速な金融政策、財政政策により、急激なリカバリを見せた。 新型コロナの影響で、業績が落ち込む企業が多いが、 一方では新型コロナで需要が追い風になった企業もある。 S&P5...
2020.10.10
株式投資・雑記

【財務確認 ポイント】売り切りからサブスクリプションへ

【財務確認 ポイント】売り切りからサブスクリプションへ 売り切り型のビジネスの場合、毎月・毎年、新たに物を売らないと売上が立たないが、サブスクリプション型へ移行すると、お客がサービスを使い続ける限り、売上が自動的に立つため、経営が安定する...
さらっと 銘柄紹介

【さらっと 銘柄紹介】EXPGY, EFX, TRU(信用情報機関)+FICO

【さらっと 銘柄紹介】EXPGY, EFX, TRU(信用情報機関)+FICO お金を貸す際に、信用・リスクを評価する信用情報機関。ビジネスの起点となる一つの重要なポイントを担う。経済の根幹を支えているビジネスともいえる。 Expe...
2020.09.18
さらっと 銘柄紹介

Shopify と Bigcommerce の違いは何か?

Shopify と Bigcommerce の違いは何か? 投資視点の比較ではあるが、サービスを比較検討している人にも参考になるので、見て欲しい。 今期のShopify と Bigcommerce の売上成長には大きな差がある。 ...
2020.09.13
さらっと 銘柄紹介

Ant Financial アントフィナンシャル

時価総額$200B~$300B(20兆円~30兆円)を目指して、香港・上海に上場予定のAnt Financial。10%~15%の株を放出し、$20B(2兆円)を調達する計画。 Ant FinancialはAlibabaの中枢部分とも...
株式投資・雑記

金価格と金利(黄金期がやってくる)

金価格と金利(黄金期がやってくる) 金価格と金利、マネサプライには相関があるとも言われる。金融政策、財政政策の両面で経済にテコ入れをしている今の状況は、サブプライム・リーマンショック後に類似している。その観点で見てみると、金は上昇してもお...
2020.08.26
さらっと 銘柄紹介

【さらっと 銘柄紹介】 Wirecard:WDI ワイヤーカード

【さらっと 銘柄紹介】 Wirecard:WDI ワイヤーカード 不正会計で破産申請をしたワイヤーカード(Wirecard)の紹介です。 Wirecardはモバイル決済、eコマース、デジタル化、金融技術の分野で製品とサービスを提供する会...
2020.08.26
株式投資・雑記

【雑記】住宅市場と金利について

出典:TradingView (オレンジが金、赤が木材) 金と木の価格を比較してみると、コロナショックで大きく落ち込みはしたものの圧倒的に木のパフォーマンスが上回っている。 どういう事かというと、コロナショックで供給ラインが整っ...
★殿堂入り

原価率 VS 利益率 (平均利益率の重力圏からの脱出)

利益率が高い企業には傾向がある。米国企業400社を対象に売上を「利益率」と「原価率」に分解して分析すると、ある傾向が見えてきた。この傾向を利用すれば、競争力のあるビジネスを持つ企業のの抽出が可能になる。
2020.08.22
★殿堂入り

株と債券のリバランス

株と債券は逆相関の動きをする。この性質を活かし「グローバル3倍3分法ファンド」や「レイ・ダリオのオールウェザー」のポートフォリオには債券が入っている。しかし、市場から資金が流出し逆相関にならないタイミングもある。どう考えてどう予測すべきか?
2020.07.27
スポンサーリンク