株式投資・雑記

【無料ツール】VIX アラート メールを送る方法

スポンサーリンク
株式投資・雑記
この記事は約5分で読めます。

VIX・株価アラートのメールを送付

VIX 30以上でアラートメールを送る方法の紹介です。
(VIX以外でも、VXNや株価の値や変動率でメールを送付することも可能です。)

VIX(CBOE Volatility Index)とは、S&P 500を対象とするオプション取引の満期30日のインプライド・ボラティリティを元に算出する指数。VIXの上昇時は株価が下落することが多いことから、別名、恐怖指数とも呼ばれる。
そして、VIXの値が30以上から下落する時が株の買い場になっている事が多い(文末の記事参照)ため、VIXの値が30以上でアラートメール(通知)を送る方法を記載する。(因みにVXNはVIXのNasdaq100版である。)

Googleスプレッドシートに設定した条件に従って、Google Apps Scriptでメールを送付します。

概要は下記の通り。

  • GoogleスプレッドシートでVIX値を取得。
  • GoogleスプレッドシートでVIXの閾値(30)を設定。
  • Google Apps Script(GAS)で閾値で判定しメールを送付。
  • 前提条件:gmailのメールアドレスを保有。
  • VIX 値の自動取得(下記のように設定)

  • メール送付スクリプト(20行程度)

  • メールの内容(下記のメールを受信)

それでは、詳細について説明しよう。

Googleスプレッドシートを開く

Googleスプレッドシートを開く。(リンク


左の「空白」を選択。


vix指数、株価の取得

左から順に「TickerPriceCheckTrue or False」のカラムを作成し、Tickerに「VIX」を入力し、Checkに判定で使う閾値「30」を入力する。


次に、B2に下記の式を入力。

=GOOGLEFINANCE(A2)

D2に下記の式を入力。

=if(B2>C2,"TRUE","FALSE")

拡張機能から「Apps Script」を選択。


下記のコードをコピペし、
送付先のメールアドレスを下記に設定
「var email = “xxxxxxx@gmail.com“」

function sendEmails() {
var email = "xxxxx@gmail.com";
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet().getSheetByName("シート1");
var lastRow = sheet.getLastRow();
var msg = ""
var Flag = "";

SpreadsheetApp.flush(); // 更新処理追加
Utilities.sleep(5000); // 更新処理追加
SpreadsheetApp.getActiveSheet().getRange("A1:D10"); // 更新処理追加
Utilities.sleep(5000); // 更新処理追加


for (let i = 1; i <= lastRow; i++) {
Flag = sheet.getRange(i, 4).getValue()
if (Flag == "TRUE") {
msg = msg + sheet.getRange(i, 1).getValue() + "\t" + sheet.getRange(i, 2).getValue()
msg = msg + "\t" + "https://google.com/search?q=stock+" + sheet.getRange(i, 1).getValue() + "\n";
}
}

var subject = "VIX アラート";
if (msg != "") {
MailApp.sendEmail(email, subject, msg);
}
}

名前(Sendmail)」を設定。「保存ボタン」を押す。「実行」を押す。


「権限を確認」を押す。


アカウントを選択。


「詳細」を押す。
「Sendmail(安全ではないページ)に移動」を押す。


「許可」を押す。


左の「時計マーク」を押しスケジュールを設定する。
右下「トリガーを追加」を押す。


下記のように「イベントのソースを選択」から「時間主導型」を選択。
「時間ベースのトリガーのタイプを選択」から「日付ベースのタイマー」を選択。
「時刻を選択」から「任意の時間」を選択し「保存」を押す。


条件にマッチすると下記のメールが届く。
(テストのため、vix25以上でメールを送付する設定とした。)


メールの「リンク」を押すと、下記のように「現在の値とチャート」が確認できる。

必ずではありませんが、VIX は上昇後に、下がってきた時が株の買い時であることが多いように思います。

何かの参考になれば幸いです。

VIX30の時の株価について調べた記事が下記にあるので、よかったら併せて読んでみてください。

関連記事

「VIX 30以上」と「株価の動き」|Hippen(米国株,python)|note
ボラボラボラボラッ ボラティリティ・インデックス! 最近、Netflixで「ジョジョの奇妙な冒険5部」のアニメが公開され、VIX(Volatility Index)が高くなってきていたので、ジョジョっぽい出だしにしてみた。 VIXが〇〇以上って、どれくらい発生しているのか? その近辺の株価の動きはどんな感じなのか...
面白かったらシェアしてね。 やるきがでます!
フォローしてね。更新情報がわかるよ~
ブログの管理人
hippen ひっぺん

Twitter やってます ↑

知的好奇心と探求心で、いろんな企業の分析しながら「ビジネス」と「投資」で役立つブログが書きたい!そんな思いでブログを書いてます。

経済指標や株関連の情報も発信しているよ。

フォローしてね。更新情報がわかるよ~
米国株 ひぺろぐ

コメント

  1. もっち より:

    いつも素晴らしいツールの紹介をありがとうございます。

    こちらは、PCを起動させたままにして、グーグルスプレッドシートを立ち上げたままにしてないと、メールはとばないのでしょうか?