★殿堂入り ぱぱっと 銘柄紹介

NYダウ工業株30種 10年間の売上比較

スポンサーリンク
★殿堂入り
この記事は約4分で読めます。

NYダウ工業株30種 10年間の売上比較

NYダウ工業株30種の構成銘柄は下記の通り。

  • AAPL アップル
  • AXP アメリカンエキスプレス
  • BA ボーイング
  • CAT キャタピラー
  • CSCO シスコシステムズ
  • CVX シェブロン
  • DIS Disney
  • DOW ダウ
  • GS ゴールドマンサックス
  • HD ホームデポ
  • IBM IBM
  • INTC Intel
  • JNJ ジョンソン&ジョンソン
  • JPM JPモルガンチェイス
  • KO コカ・コーラ
  • MCD マクドナルド
  • MMM 3M
  • MRK メルク
  • MSFT Microsoft
  • NKE ナイキ
  • PFE ファイザー
  • PG プロクター&ギャンブル
  • TRV トラベラーズカンパニーズ
  • UNH ユナイテッドヘルス
  • UTX ユナイテッドテクノロジーズ
  • V ビザ
  • VZ ベライゾン
  • WBA ウォルグリーン
  • WMT ウォルマート
  • XOM エクソンモービル

ダウ平均には、みんなが良く知っている株が含まれている。

売上を比較するとこんな感じ。

NYダウ工業株30種 売上比較1

ダウ平均の株は玉石混交。

  • どの株を買いたいか?
  • どの株を買いたくないか?

上の図をみて、考えてみてください。

 

考えはまとまりましたか?
では、答え合わせをしてみましょう。
次の図では、企業のティッカーシンボルを図に示しています。

NYダウ工業株30種 売上比較2

買いたいと思った株は何でしたか?
買いたくない株を買っていませんか?

この情報だけで、単純に比較できませんが、
売上の成長を10年で見るとこんな感じです。

高配当、割安株、逆張り等、投資スタイルは人それぞれ。どの株も買って良いタイミングはあると思います。

でも、企業の成長性や他と比較して全体感を分かって買っていますか?

誰かが薦めているから買う。有名だから株を買う。っていうのは危険かもしれないよ。という話。

うーん。回りくどいですよね。

単刀直入に言うと、他と比較して、この売り上げの推移を見てコカ・コーラとマクドナルドを買いますか?買うなら、事業立て直しの戦略・将来性を分析できてますか?って事が言いたい。分析できているなら問題ないです。

ちょっと冷たい言い方なので、少しフォローしておこう。

一応、もう少し細かい単位で、
KOの売上の推移を乗せておくとこんな感じ。


出典:macrotrends

少し回復傾向が見える。

ただし、12月期、3月期は落ち込む傾向がみえる。

 

MCDの売上の推移を乗せておくとこんな感じ。


出典:macrotrends

底を打ったようにも見えるけど、

まだ、何とも言えない。

まぁ、もっと細かく見ると、近年どちらもコスト削減で利益率は改善してきてたりもするので、復活の兆しがないわけではない

参考(財務分析へのリンク)

参考として、財務分析へのリンクを置いておきます。良ければ見て見てください。

  • AAPL アップル AXP アメリカンエキスプレス
  • BA ボーイング CAT キャタピラー
  • CSCO シスコシステムズ CVX シェブロン DIS Disney
  • DOW ダウ GS ゴールドマンサックス
  • HD ホームデポ IBM IBM INTC Intel
  • JNJ ジョンソン&ジョンソン JPM JPモルガンチェイス
  • KO コカ・コーラ MCD マクドナルド
  • MMM 3M MRK メルク MSFT Microsoft
  • NKE ナイキ PFE ファイザー PG プロクター&ギャンブル
  • TRV トラベラーズカンパニーズ UNH ユナイテッドヘルス
  • UTX ユナイテッドテクノロジーズ V ビザ
  • VZ ベライゾン WBA ウォルグリーン
  • WMT ウォルマート XOM エクソンモービル

 

(おまけ)

こうやって比べて見ると、
さらっと銘柄紹介で紹介している企業が
いかに優秀な企業か実感して貰えると思います。

最後に一言。

誰かが薦めているという理由で株を買うのは危険ですw

ご参考に
最後に30銘柄のチャートを一番下に張り付けておきます。

(おまけ)直近3年分の株価


出典:TradingView

最後まで見てくれた人へ、おまけとして、

直近3年分の株価のチャートを添付しておきます。

 

個別の株を買うからには、

みんなで、S&P(SPX45.74%)を上回りたいですね。

コメント