さらっと 銘柄紹介

【さらっと 銘柄紹介】Home Depot:HD ホームデポ

スポンサーリンク
さらっと 銘柄紹介
この記事は約4分で読めます。

【さらっと 銘柄紹介】Home Depot:HD ホームデポ

気になる株をピックアップ、さらっと銘柄を紹介します。

◆Home Depot:HD ホームデポ

ホームセンター、住宅リフォーム・建設資材・サービスの会社

◆10年分の財務諸表

  • PL
    • 売上:綺麗に伸びている。
    • 利益率:販管費が綺麗に下がって利益率が伸びている。
    • ROIC:33.14%(2018年1月)(TTM 39.31%)
  • BS
    • 債務超過
  • 効率性
    • CCCは35.46日で減少傾向。
    • 棚卸資産回転日数は68.52日で減少傾向。
    • 全体的に改善傾向。
  • 配当、配当性向
    • 配当性向は43.5%。無理せず安定した配当。
  • 自社株買い
    • 積極的。10年間で32.4%株を減らしている。

◆ポイント

右下の成長性のグラフがほどんどプラスになっていて非常に優秀。

 

安定した成長、高いROIC、無理しない配当。

コストダウンと、効率性向上の傾向がみられる。

 

債務超過状態に一抹の不安を感じる。

ROIC > 配当利回り > 社債調達金利なので、

負債の増加は合理的であり、問題ないとおもわれるが、評価が分かれるところ

 

株のような足の速い資金より、長期固定金利(3.74%程度)の社債で資金を調達した方が、経営が安定するという見方もできる

(補足)

2019年3Qの決算(11/19)で、成長はしているが、実績が予測に届かなかったため、株価は時間外で-6%となった。

Earning Callで詳細を確認すると、売上の伸びが予想に届かなかったのは、市況の悪化でなく、投資回収が遅れているためとのこと。

ホームデポは、DIYやリフォーム関連の銘柄のため、住宅市場の動向をあわせて確認する必要があるが、住宅着工件数の直近の指標は、悪くなかった。

原価の悪化は関税の影響。 SKU単位(在庫管理の最小単位)で仕入れ先を変更して対策している。B to CのDIYだけでなく、 B to Bのプロ向けに注力中。 とのこと。

「投資回収が遅れている。」の部分について、予想より投資の効果がでていないので「ダメ」と評価することもできるが、状況はそれほど悪くないし、方針も良さそうに見える。

急騰する事はあまり想定できないので、チャートを見ながら、底打ちが確認できたところで買っても良いかもしれない。

オンラインストアの占める割合は、まだ小さいが成長中。オンラインストアの注文は50%以上が店舗での引き取りになっている。広大な店舗で探すのが面倒な人や、即日受取したい人に利用されている。

ネットとリアルをシームレスに連携させるOne Home Depot のオムニチャネル戦略が手くいっている様子。

 

ホームデポについては語りたいことが多いが、取り止めがなくなるので、見出しだけ。

  • オムニチャネル戦略
  • 店舗受取のロッカー
  • ジオフェンシングによるプロモーション
  • クーポンによる在庫の調整
  • ギフト券による資金効率の向上
  • オンラインストア
    • 洗練されたデザイン
    • 商品の細かな仕様比較できる利便性
    • ユーザ毎に表示コンテンツの最適化
  • SKU単位の原価管理(輸入先を変更し関税の影響を相殺)
  • 自動化された独自の配送センター

DIYの文化のない中国に出店して撤退した過去もある

  • 購買層は都会のマンションに住んでいてDIY需要がない。
  • 中上流層は肉体労働をしない。

まぁ、それを織り込んだ価格になっていると思うので、期待しすぎも良くないです。

(11/21時点でPERが22.15 )

以上、ホームデポの紹介でした。

 

値上がりを保証するものではありません。投資は個人の責任で行ってください。
4半期決算、PER、市況、ニュース、チャートの確認をお勧めします。
(PERは15倍(~25)ぐらいに収めたいが、良い株はだいたい高い…)

コメント