★殿堂入り株式投資・雑記

Englishの上達方法について

スポンサーリンク
★殿堂入り
この記事は約2分で読めます。

Englishの上達方法について

 

米国株投資でも英語が役に立ったりもする。
そんな、Englishの上達方法について少し話してみようかと思う。

しばらく海外にいた事があるのだが、
現地人の英語のスピードについていけず困り果てていた。

そこで、英語のスキルを磨くため、
ビリヤードのコミュニティーに入る事にした。

学生時代、大学の授業をさぼって
夢中でビリヤードしていた課外授業が役に立ったりするから
人生とは何があるか分からないものである。

ビリヤードのコミュニティーに入って数か月。
だいぶ聞き取りができるようになってきたかなーというある日、
友人の一人が「英語うまい!」って褒めてくれて上機嫌になった。

そして、寝る間際。
布団に入り、褒められた喜びを噛み締め、
ふと思う。

あれ?そんなに英語しゃべっていたっけ?

そんな時、
学生時代に読んだ一冊の本が頭をよぎる

ビリヤードは白球を棒で突いて、他の球を穴に落とす。
その際、1手先、2手先の球の配置を考え、
上下・左右の回転をかけて、白球を位置を調整するのがビリヤードの醍醐味だ。

この回転をかけるための滑り止めとして
棒(キュー)の先に、チョークを付ける。

このチョークを滑り止めにして、
球に回転をかける方法を考えたのが、イギリス人だったりする。

この由来から、左右の回転(ひねり)を
右イングリッシュ、左イングリッシュといったりする。

ここで、話を戻そう。
友人は「英語うまい!」と褒めてたが、

正確には、
「Good English!Good English!」と言っていた。

つまり、「いい回転(ひねり)だ!」と

ビリヤードスキルを褒めていた事に、

「はっ!」っと布団の中で気付く。

英語のスキルを磨くため
ビリヤードのコミュニティーに入ったら
English(ひねり)のスキルが上達したという話でした。

Englishの上達方法について参考になれば幸いです。

 

コメント